SIMPLE TO MY LIFE

SIMPLE TO MY LIFE

シンプルで豊かな人生を楽しむライフスタイルブログ

斉藤和義 弾き語りツアー2017”雨に歌えば” に行ってきました

f:id:chibi148:20170528150256j:plain

5月23日火曜日、神戸国際会館で行われた斉藤和義さんのライブに行ってきました。

18時半開演で、仕事が終わってから急いで行ったのですが会場に到着したのがちょうど18時半。

どうか遅れて始まりますように…と願いながら入り口でチケットを見せて、ホールの入り口までエスカレーターで上がります。

そのエスカレーターが結構長いんです。

その時に1曲目が始まったらしく『やさしくなりたい』のイントロが聴こえてきました。
この曲はイントロの部分がとくに大好きな曲なのでそこを聴き逃してしまうなんて残念すぎる。

 

ホールのドアを開けて中へ入ると、曲の途中なので後ほど席までご案内しますとスタッフに引き止められ、一番後ろの立ち見席で見ることに。

 

2曲歌い終わり、MCになったところでスタッフの方に席まで案内していただき無事に着席できました。

会場内は暗いのでスタッフの方が足元を懐中電灯で照らしてくれて1歩1歩ゆっくり誘導してくれました。

平日のせいか、遅れてくる人は結構多かったです。

20時過ぎくらいに遅れて入ってきたサラリーマン風の人もいました。

 

セットは真ん中に椅子があって、観葉植物や壁にギターが飾られていたり、窓らしいものがあったり。

斉藤和義の部屋に招待されているような感じでした。

 

椅子の横には色々なギターがズラリと並べられていて、曲によってギターを変えていました。

自作のギターもあり、「これいいでしょ?」と自慢したり。笑

ギターを弾きながら、足でタンバリンを鳴らして歌を歌って、めっちゃかっこいいです。

でも曲が終わると鼻をかんだり「よいしょ」とか「ふ〜」とかアンニュイなゆる〜い感じが彼らしいというか、そういうとこ好きです。

 

今回は一人で弾き語りなので、ギターばかりじゃお客さんも飽きちゃうんじゃないかってことで、『歌うたいのバラッド』をピアノの弾き語りでやってくれたのですが、本人いわく「あまり完成度は高くないのであまりやりたくないんだけど、お金もとってるし…笑。耳ふさいどいてください。」みたいなネガティブなこともおっしゃってましたが、とても良かったです。
今日は割と上手くできたと満足そうにおっしゃってました。

 

ライブは初めての参戦でしたが全体的に落ち着いた雰囲気でトークも面白く楽しめました。

神戸には前日から入っていて、三宮から元町の高架下、中華街などを散策されたそうで、「昔はもっと活気があったのになんか寂れてるね…いやディスってるわけじゃなけど〜笑」みたいなことを話されてました。

地元民ですが私もその辺りはあんまり行きません。笑

 

 あと、彼はDIYが好きだそうで、テーブルとかギターとかも自分で作ったりしてるそうです。

最近は溶接にも興味があるそうで、その道のプロになるには10年かかるらしく、
「う〜ん、それより曲つくんないとな…」とおっしゃってました。笑

 

弾き語りツアーは4〜5年に一度しかしないそうなので、今回行けて本当に良かったです。

前半はみんな静かな感じで座って聴いていましたが、後半はノリノリで総立ちでした。

アンコールのラストの曲ではウクレレを弾いてくれてほっこり温かい気分に♪

本当にいいライブでした。やっぱり生で聴くのはいいですね。

また絶対行きたいと思いました。

  

 今回のライブで聴いた新曲の『はるかぜ』という曲は、石原さとみさん出演のサントリー「ふんわり鏡月クリア」の新TV-CMソングに書き下ろされたそうです。

とてもいい曲だったので早速ダウンロードしました♪

はるかぜ

はるかぜ

 

 斉藤和義の魅力は曲やギターが素晴らしいのはもちろんですが、若い人にはない大人の魅力というか、かっこつけてないのになんかかっこいい。

フワ〜としててやる気なさそうに見えるけど、仕事はちゃんとしてて、キャリア長いのに控えめでシャイなところがいい。

あと、好きなことを楽しんでて自分らしく生きているみたいなところが好きです。

 

自分らしい暮らしランキング